クレジットカード付帯・海外医療保険の失敗談

海外旅行での失敗談です。出発前、クレジットカードの付帯サービスをよく読むと、医療に関する払い戻しなども充実しているように見えました。ですからあえて旅行保険などはプラスせずに出かけたのです。ところが旅行先でまさかの病気になってしまい、現地の医療機関にお世話になりました。現地の健康保険はもちろんききませんから、結構な診察料を払ったのです。そこで診断書などを発行してもらい、帰国してからクレジットカード会社の付帯サービスカウンターに連絡しました。すると驚いたことに、後日連絡では医療代の払い戻しはできないと言うのです。現地から、診察の前にサポートセンターに電話連絡を入れておかなければ、どういったサービスも受けられないと聞き、心底がっかりしてしまいました。医療費払い戻しの宣伝ばかりを大きく伝え、実際の緊急時にするべきことをはっきり提示しないやり方は結構意地悪だと思いましたが、もう過ぎてしまったことなので仕方がありません。未来にむけての教訓、と涙をのむことにしました。