クレジットカードの所有枚数は2枚でいい?

メインで使用するクレジットカードを1枚、そしてサブ的に利用するクレジットカードが1枚で、合計2枚のクレジットカードで事足りると感じています。と、言いますか、普段使っていない方のクレジットカードをたまーに利用しようとするだけでも、結構管理が面倒だと感じますからね。それでも、サブ的に利用しているクレジットカードの引き落とし先が、メインで利用しているクレジットカードの引き落とし指定銀行と同じならば、それほどまでには面倒臭さを感じることもないでしょう。しかし、それぞれのクレジットカードで引き落とし先の銀行口座が違う場合は、まあ面倒臭いというものです。お金を入れにいかなくてはなりませんからね。そしてまた、利用金額の把握2枚以上になりますと面倒臭さが発生しますので、やはりクレジットカードはメインを1枚で利用したいものです。心の保険としてサブのクレジットカードも用意しますが。

クレジットカードは現金よりも安全な場合もあるんです

クレジットカードはちょっとした買い物には使っていないという人が、もしかしたら多いかもしれません。例えばコンビニでおにぎりを買った時に、手持ちの小銭で払うことの方が多いでしょう。しかし何の買い物にしてもクレジットカードを使った方が、「塵も積もれば山となる」の考え方でポイントがたくさん貯まるかもしれませんよ。ほかにもメリットはあって、クレジット会社は信用が命なので悪意のある人に勝手に使われてもすぐに補償が効きますからね。現金なら、たくさんお札が入っていた場合の方が悪意のある人に拾われて帰ってこない可能性が高くなります。その点クレジットならば、落としたと分かった時点で利用を一時停止出来ることから、安心感がより高いことが分かると思います。そんな安心なクレジットをどんどん使っていくことをオススメしますよ。