手持ちがないときに助かっています。

急な飲み会や打ち合わせなどがあることが多く、しかも思っていたよりも人数が多くて手持ちがないというときにクレジットカードがあると助かります。支払いを年上である私がすることが多いので、会計するときにあたふたする姿を見せてしまうと恥ずかしいのと、仕事のつながりの人たちばかりなので会社が上手くいっていないと思われると今後の仕事で発注してもらえなくなる可能性もあるので、しれっと格好良くカードで払うので信用につながったりします。個人的には大勢で行くことでポイントが貯まって、他のお店で使えたり、貯めたポイントをご当地グルメなどが当たる企画に応募できたりするのも魅力です。仕事もプライベートもクレジットカードを重宝しています。

時代は変わった!

昭和生まれからすると、クレジットカード=ただローン返済のイメージだったので子ども達にもなるべく現金で買うように勧めてました。しかしながら先日、クレジット会社からのダイレクトメールをよくよく内容を読んでみてクレジット会社のホームページを閲覧しました。そこには使う分だけポイントが貯まっていくシステムが多々あり、まさに目から鱗でした。日常の電力会社や携帯電話などの光熱費通信費をカードで支払う事でポイントも同時に加算されるというお得さを、今更ながら知った訳です。ポイントで商品券と引き換え出来たり景品と交換できると記載がありつくづく今まで勝手に思ってたイメージを反省しました。クレジットカードを上手に利用する事が大切だなと痛感しました。

ポイントを計算するのがちょっとした楽しみです

自分はクレジットカードを何枚か持っています。そしてどのクレジットカードを使用するかで獲得できるポイントが異なってきます。あるクレジットカードは100円の買い物に対して1ポイントを付与し、次の買い物時に1円換算で使用することができます。しかし中には数百ポイントを1000円として使用できるなど、クレジットカードによってポイントのルールが異なってきます。そして利用するインターネットショップによってはポイントを2倍、3倍といった形で普段よりも多く与えてくれるサービスを一時的に行っているところがあります。このようなサービスを利用することは大変お得ですが、どのインターネットショップを利用してどのクレジットカードを使用すれば一番効率よくポイントを稼げるかということをいつも考えつつ、買い物をしています。少しややこしいように思えますが、自分はこれらの計算を楽しみながら行っています。